人・動物・環境の健康・健全という
世界の課題解決に挑む。

世界の感染症制圧に寄与できる実践的能力と指導力を備えた国際的リーダー養成

 

 エボラ出血熱のアウトブレーク等,新興・再興感染症による社会,経済への脅威は益々増大し,感染症の研究とその対策にあたる専門家養成の要望が国内外において一層高まっている。国際感染症学院では,このような社会的要請に応えるため,感染症学に関する広い視野,柔軟な発想力及び総合的な判断力を有し,我が国のみならず世界の感染症学の発展ならびに感染症の制圧に寄与できる実践的な能力と指導力を備えた人材の育成を目指している。